救急車の役割 - 働く車達

働く車達 > 救急車の役割
車のあれこれ

救急車の役割

私たちがもしも急な怪我や病気に見舞われてしまった時にそこから救ってくれる自動車が救急車です。
救急車にはいくつかの種類があって、消防本部で所有しているものや病院や自治体で所有しているものなどがよく知られています。

救急車は基本的に救急要請があった場合に出動する形になっており、その時の状況に合わせて応急処置ができるような設備が整えられています。
人工呼吸器や心臓マッサージ器なども完備されており、一刻を争う事態にも対応できるようになっています。

救急車には救急隊と呼ばれる人たちが乗っており、救急隊長と運転手、救急隊員がかけつけるようになっています。
救急隊の資格は消防隊員の資格と併せて取得している人も多く、専属でやっている人よりも兼任しているケースもあります。

救急車内では応急処置と合わせて受け入れ先の病院も探します。
また、病院に運ばれてきた患者がそこでは治療できないと病院側で判断された場合、転院しなければなりませんからその際にも救急車で搬送します。

check

町田のおすすめ脱毛サロン厳選5選!

最終更新日:2017/10/19

top